いつものと違う真っ赤で激辛な麻婆春雨を食べた

昨日の夕食は麻婆豆腐でした。
いつも我が家ではフライパンでレトルトのタレと豆腐を和えただけで時たまネギなどを追加したものなのですが、昨夜のは鍋で作られたものです。
真っ赤でいかにも辛そうな様子で、春雨が入っていました。
そう言えば麻婆豆腐に春雨が入っていると麻婆春雨と言うのでしたっけ?
それは見かけ通りとても辛かったのですが、豆腐、春雨、そしてご飯でそれが中和されて旨味を味わうことができて何杯も食べてしまいます。
ご飯は最初は普通に食べ、2杯目は胡麻昆布佃煮を乗せて食べました。
そして3杯目はなめ茸です。
なめ茸で思い出しましたけど、卵焼きはなめ茸だけで味付けすると美味しいと言う人がいたので今度試してみましょう。
私はそれで食事を終えましたが、母は妹に健康のために煎った大豆を食べるよう言ったのですが、妹は煎りたてが食べたいと言うので新たに母がフライパンで大豆を煎っていました。
最近よく煎った大豆が皿に盛られていると思いましたが、それは妹のために作られたもののようです。