ソフトバンクがデスパイネと契約して今年は、ほぼ優勝でしょう

プロ野球のソフトバンクホークスが、
この時期になって新たな外国人助っ人と契約しましたね。

昨年、土壇場で日本ハムに優勝を横取りされた感があったのですが
その原因は、攻撃陣が日本人だけだったので一昨年ほどの脅威がなかったと思います。

そこで今回獲得したのが、前ロッテのアルフレド・デスパイネ外野手なんですね。

一昨年まで居た李大浩ほどの長打はありません。

ですが昨年までロッテマリーンズに居たので計算は出来ます。

外国人の助っ人は、どんなに大物でも実際に日本で活躍出来るかは、
やってみないと分からないですからね。

ホームシックで帰ってしまう外国人もいるくらいですから。

デスパイネから打率2割8分 ホームラン25本は計算できる選手です。

3番柳田、4番内川、5番デスパイネのクリーンアップなら、
他球団も脅威でしょう。

常勝ソフトバンクホークスが、まさかの失速をした昨年。
デスパイネが入団したことで同じ過ちは無いと思います。

日本ハムも大谷が故障したようなので、
今年はどうなるか分かりませんね。モビット本審査時間