ユーチューバーになりたい子供を否定はしたくない

男子中学生のなりたい職業第2位がユーチューバーだと何かのランキングで見ました。
小学生のランキングに入っていることは何度も見ましたが、ついに中学生でもランクインしたのですね。
親の立場として考えてみたらユーチューバーにはなって欲しくないなぁ…とは思うのですが、全面的に否定するようなこともしたくないような気もします。
だってユーチューバーというのは自営業のようなものと同じですからね。
ユーチューバーになりたいという気持ちを反対するのは自営業をやりたいと言っている子を批判しているのと同じことになってしまいます。
自分次第で売り上げが伸びることもあれば全然稼げないこともあります。
これはイラストレーターとかにも同じことが言えると思います。
私は昔はずっとイラストレーターになりたかったのですが、親は応援してくれていました。
批判なんて全くしませんでしたね。
結局イラストは趣味程度にするのが楽しくなってしまったのでこの夢は挫折したというよりなくなりましたが、ユーチューバーになりたい人たちも頑張って稼げるような動画を作って欲しいと思います。vio脱毛 効果