冬の雪国、雪の積もった朝の雪かき作業は大変

うちは雪国なんですけど、雪が降ると朝の4時とか5時にブルドーザーが道路の除雪をするんですわ。ガーガーとでかい音を立ててあちこちを行ったり来たりします。それで目が覚めて、ああ雪が降ったな、今朝は早く起きて雪かきをしなきゃと分かります。
6時半頃はまだ外は暗いんですが、寒い中アノラックを着込み、軍手の上にゴムの手袋をはめ、長靴を履いて完全装備で取りかかります。
道具はシャベルや小型ダンプです。シャベルは普通と違ってアルミ製で、大きくても鉄製より軽いです。柔らかいので雪専用です。小型ダンプは人間が押す取っ手の付いた大きなシャベルみたいな物。
道路はブルドーザーが雪を除けますが、道路の脇に積み重なっているので、それを道路脇の側溝に落としていきます。そして玄関先やブルドーザーが通らない小道の雪も側溝に捨てます。雪が少ないときはそれほどたいした作業でもないんですが、雪が多いときは大変ですね。うちの横の側溝は水量が少なくて、雪で一杯になると流れるのに時間がかかるんです。
2月いっぱいくらいはまだ雪が積もることがあると思います。いつもこの時期は憂鬱で、早く暖かくなれって思ってます。妊娠 葉酸 サプリ 人気